サメの街 気仙沼構想推進協議会について

日本一のサメとともに気仙沼が発展するために

気仙沼のサメは、フカヒレはもちろん昔から練り製品(ちくわ、かまぼこ、はんぺん)などで食べられ、私たちの食卓にも深い関係がありました。そのほか、高級ハンドバッグに使われるサメ革製品や、最近ではサプリの栄養素としても積極的に活用されています。

そんな利用価値の高いサメを、地域一体となって活用し、ブランド化に取り組むために「サメの街 気仙沼構想推進協議会」が立ちあがりました。これからも地元の水産加工業者、漁師、飲食店、自治体など、地域が一体となってサメの魅力を伝えていくとともに、サメを食べる身も心も元気な気仙沼を目指すために活動していきます。

サメの街気仙沼構想推進協議会 会員(2014年3月現在)

  • 株式会社 ムラタ
  • 高橋水産 株式会社
  • 株式会社 石渡商店
  • 株式会社 中華髙橋水産
  • 福寿水産 株式会社
  • 村芳特殊水産 株式会社
  • カネヒデ吉田商店
  • 有限会社 三陸鮫類

特別会員

  • 気仙沼漁業協同組合
  • 気仙沼地区近海鰹鮪漁業組合
  • 気仙沼商工会議所
  • 気仙沼市産業部水産課

サメの街気仙沼構想推進協議会 賛助会員

  • アサヒグループホールディングス 株式会社
  • 株式会社 NTTドコモ
  • 株式会社 丹青社
  • 株式会社 DNP東北
  • 株式会社 電通東日本
  • ヤフー 株式会社