サメ肉を使った子どもたちへの食育

子どもたちに地元の食文化と地元愛を育んでもらいたい

気仙沼からフェリーで20分。自然豊かな観光地・大島にある大島小学校では、今日の給食のメニューとしてサメ肉を使った「シャークナゲット」や「フカヒレスープ」が登場しました。大島小学校で栄養教諭として働く木村先生によると、これは全国学校給食週間の一環で、地元宮城の食材を使ったメニューを出し子どもたちが食文化を学ぼうという試みです。給食を食べる前に、先生が気仙沼とサメの歴史を簡単にまとめたプリントを読み上げました。子どもたちは、こうやって地元の良さや文化を学び、自分たちが育った気仙沼への地元愛を育んでいければ、という思いが込められています。
サメ肉は、低カロリーで高タンパク質、子どもたちの成長の栄養源にもぴったりの食材です。もちろん子どもたちに、おいしく食べてもらう工夫も忘れてはいません。「シャークナゲット」は、ケチャップを付けるスタンダードな食べ方から、カレーパウダーをまぶしてみたり、チリソースを足してみたり、様々なアレンジを、木村先生は試しています。
おいしく、栄養価の高いサメ給食が、もっともっと広がることを期待しています。